子供をひきこもりから脱出させるためにあなたができること

 

  • ある日突然、自分の子供がひきこもりになった。

  • 学校に行きたくないと言い出してその日以来、不登校になってしまった。

  • 家庭で暴力を振るうようになり、非行少年たちとつるむようになった。

 

 

 

「 教育やしつけが間違っていたのかもしれない。 」
「 ウチの子に限ってどうしてこんなことに… 」
「 このままいけば、子供の将来が不安で仕方がない… 」

 

あなたは不安に思っていることだと思います。

 

 

 

子どもの考えていることというのは、親にはなかなか伝わりにくいものですし、
親の考えていることもまた、子どもにはいくら言い聞かせても伝わっていないことがあります。

 

そして、反抗期や思春期を迎えれば、それらは顕著に表れます。

 

 

 

 

一体どうすれば、我が子を正しい方向に導いてあげることができるでしょうか?

 

 

子供の性格、親の育て方・しつけ方、学校での状況や家庭環境などこれらは千差万別です。

 

 

 

けれども、子共の性格や状況によって、正しい接し方のパターンがそれぞれ存在するとしたらどうでしょうか?

 

性格をはじめ、いろんなタイプの子供がいますが、子どもの行動パターンはそれほど多くはありませんし、
そのすべての子どもの行動について、今日からでも自宅で始めることができる具体的な方法があります。

 

 

例えばどんな子供のタイプに分けて対処できるかというと…

 


  • 全ての子供に共通する共通点とその解決法

  • ひきこもりタイプの子供の場合

  • 非行タイプの子供に対する場合

  • 家庭内暴力を起こすタイプの子どもの場合

  • イジメにあっている子どもの場合

 

 

子どもの状況によって対処の仕方は違いますので、そこを間違えてしまうと正しい方向に導くことはできません。むしろひきこもり、不登校から脱出できずに助長してしまうことにもなります。

 

 

伊藤幸弘先生
これまでに2000人以上のひきこもりや不登校児と接して問題を解決してきた不登校・ひきこもり解決請負人の伊藤幸弘先生はこう言います。

 

 

「 100%で子どもの話を聞いてあげることが大切。 」

 

 

 

 

 

さらに、伊藤先生がこれまでひきこもり・不登校を解決してきた方法をあなた自身でも今日から実践できることをお伝えしています。

 

この方法を使えば、あなたの息子さん、娘さんがどのタイプに当てはまるかを理解し、
どういう行動をあなたが取っていけば、ひきこもりや不登校を脱出できるようになるかが分かるようになります。

 

 

 

>> 伊藤幸弘のひきこもり・不登校解決法 <<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不登校・ひきこもりの子供に対するシンプルな接し方

 

 

 

先ほどお伝えした不登校・ひきこもり請負人の伊藤幸弘先生は
28年間で2,000人以上の子供の不登校・ひきこもりなどの相談にのり、解決してきた実績があります。

 

 

 

 

伊藤先生のアドバイスを受けた親御さんからの声の一部をご紹介しますと

 


  • 「たった1ヶ月であれだけ苦しんだ娘の不登校が解決出来ました!」

  • 「中退したひきこもりの娘が『再度、通信制の学校に行きたい』と言ってくれました!」

  • まさか、我が子が修学旅行に行ける日が来るとは…夢のようです。」

  • 「不登校が解決してから一日も学校を休んでいません。」

  • 「伊藤先生から、子供の気持ち、愛情、子育てなどたくさんのことを学び、我が子の不登校を克服しました。」

  • 「息子の不登校の理由が分かり、今は毎日楽しく学校へ通っています。」

  • 「今日から何をすれば良いのかが分かり、娘の登校拒否がなくなり、修学旅行へ行けました。」

 

 

…など、非常に多くの感想や手紙などが伊藤先生の所へ寄せられています。

 

 

また、伊藤先生は普段は神奈川県の幼稚園で子どもたちや親御さんに対し子育てカウンセラーとして活動しており、子育て、しつけに関する本を5冊出版し、テレビでも多数の番組に教育コメンテーターとして出演されています。

 

書籍、テレビ出演

 

 

さらに、これまでの活動実績が認められ、国会で少年問題についての現実と解決策について
議員の方々にアドバイスをするなど不登校、ひきこもり問題に関して幅広く活動されています。

 

国会でのアドバイス

 

 

 

 

ひきこもりや不登校の問題は、子供自身の心や気持ちに関する問題で親がどう接していいのか難しい問題でもあり、多くの親御さんが抱えている問題でもあります。

 

 

というのも、親に対して本音でしゃべらない子供は多いためです。
不登校の理由を聞いても子供は口を閉ざして何もしゃべってくれない悩みを抱えている親御さんも多いです。

 

 

 

これまで28年以上子供の問題一筋に向き合ってきた伊藤先生がおっしゃるには
「子供の性格や状況によって正しい接し方のパターンがいくつか存在する」ということです。

 

 

実はそういった子供に対する接し方は非常にシンプルで3つの手順で対処できます。

 

 

 

 

それは以下の通りです。

 

 


  1. どうしてあなたの子供が「不登校・ひきこもり」になってしまうのか?の原因を理解する。

  2. どんな行動パターンが表れているかを理解する。

  3. その行動パターンにあった、言葉のかけ方や接し方を実践する。

 

 

この順番通りに実践したことで、多くの親御さんが子供の問題を解決することができています。
あなたの子供のひきこもり、不登校の悩みも同様にこのシンプルな方法で解決できます。

 

 

 

 

 

 

あなたはお子さんのひきこもりや不登校でこれ以上悩む必要はありません。

 

2000人以上の子どもと接してきた伊藤先生が教える具体的な子供の接し方を実践してください。

 

 

 

 

そして、子供も、あなたも、ストレスのない笑顔の絶えない幸せな家庭をこれから築いて下さい。

 

あなたが今抱えている、不登校・ひきこもりの問題は必ず解決します。

 

 

 

 

ひきこもり・不登校を今すぐ解決する